• フットワークが軽いフリーランス

    フリーランスはスケジュール管理が自由であるという点がサラリーマンとは大きく異るポイントです。
    毎朝決まった時間に起床する必要が無く、行っている作業の進行具合によって決めれば良いのです。



    つまり、進めている仕事が順調で余裕がある場合は昼に起きて作業を開始しても良いですし、早起きして遊んだ後に午後から作業を行っても良いのです。



    食事を摂る時間も自由に決められるので、会社員の昼休みが終わったタイミングで飲食店に訪れて空いている状況で食事を楽しむ事も可能です。



    このような動き方からわかるように、フリーランスには上司が存在しません。
    そのため、行動に移したり新しい事を企画した際に上司に許可を得る必要がありません。


    思い立ったらすぐに実現させる事ができますし、実践した事による結果を報告する手間も無いのです。


    仮に行ってみたものの思っていたよりも上手くいかなかった場合はその時点でやめれば良いですし、調子が良さそうなら継続して新たな収入源としても良いでしょう。


    上司の元では上手くいかなかった場合叱られてしまう可能性がある上に、良い結果が出ると目上の人や会社の手柄になってしまいます。良い結果は全て自分のものにできるというのがフリーランスの強みですし、そのような良い結果は自らのポートフェリオとなるので新たなクライアントを獲得しやすくなります。
    しかも実績が高まっているという事で単価を徐々に上げていく事もできるようになるのです。