• フリーランスの労働時間

    フリーランスが一日に何時間働くかは、人にもよりますし、同じ人でも日によって違うでしょう。
    しかし、最初のうちはなるべく長く取り組んだ方が良いです。



    軌道に乗るまでに時間もかかりますし、だれてそのままやらなくなってしまう可能性もあります。

    慣れて習慣化してしまえば、多少さぼってもまた戻れるので、最初はとにかく取り組んでなれることが重要でしょう。

    そして、だいたいの場合はフリーランスの仕事は長時間取り組む必要が多いです。なぜかというと、インプットとアウトプットがあるからです。


    会社員も会議での発言や書類を作成したりのアウトプットもあれば、仕事に必要な情報を得たり、勉強したりするでしょう。また先輩に聞いたりするのもインプットです。

    フリーランスの場合はこのインプットもアウトプットもパソコンを使う場合が多いです。

    実際それで方向性が決まらなかったり、悩んだりはあるでしょうが、情報量そのものに困ることはあまりないでしょう。



    やはりネットは優れていると言えます。

    しかし、作業に集中できなかったり、なにかインプットして勉強しようと思っても集中できないことがあります。これは肩と目の力を入れ過ぎなのが原因の大きな部分です。


    フリーランスの仕事は長時間やるという前提で、ペースを落としてあえて取り組むのです。

    記事を読むのもあえて少し抑えめのペースで、タイピングもあえて抑えめのペースでやります。



    そうするとだんだん心地よくなってくるので、そのまま続くようになります。